【評価&感想】『二ノ国』が『ドラクエ ユア・ストーリー』を下回ると言われる3つの理由とは!?

どうもSoneyuです!

今回も映画を一作見てきたので感想を書こうと思ったのですが、あまりの内容だったので何を書けばいいのか迷っていたところ、Twitterで『二ノ国』がさんざんに言われているのを見て、なぜそんなにもボロクソ言われるのか分析してみようと思った次第であります!

結論から言うと、駄作と言われる理由は

  1. 豪華俳優陣を使った結果の、低レベル声優陣
  2. 感情移入できない登場人物と、引き込まれない脚本
  3. 「?」を残す全くしっくりこないオチ

大きく分けてこの3つじゃないかなー。

スポンサーリンク

あらすじ

車椅子を使っているユウと親友のハルは、幼なじみのコトナを助けようとして、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」に迷い込んでしまう。ニノ国で出会ったコトナによく似たアーシャに心惹(ひ)かれたユウは、コトナの命を救うためアーシャの命を狙うハルと対立する。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/367145/story/

Twitterの評価はこんな感じ!

久石譲の無駄遣いとも言われていますねー。ぼくもそう思う。

映画『ドラクエ』を下回る理由

豪華俳優陣を使った結果の、低レベル声優陣

今回の主なキャストはこの三人!

  • ユウ役山崎賢人(声優初挑戦)
  • ハル役新田真剣佑(声優初挑戦)
  • コトナ・アーシャ役永野芽郁(『キングオブエジプト』で吹き替え初挑戦)

始まった初っぱなからひどかったような印象です。

特に梶裕貴が演じるダンパとの共演するシーンでは、まるで演技力がコントラストのように、慣れてない感が引き立って聞こえました。

梶裕貴さんとかプロの声優さんのすごさを改めて感じます。

やっぱ声優がよくないと冷めちゃうよ。

感情移入できない登場人物と、引き込まれない脚本

『二ノ国』でキャラに感情移入できた人っているのかな。

魅力を全く感じませんでした。

明らかに悪役の顔してるやつの言葉を鵜呑みにするハルはもう論外ですよ。

ただの何も考えていない短絡的な馬鹿っていう印象しかない。

そしてその性格を活かそうともしない、脚本。

予告編を見ても、ユウとハルの二人が対立するところが魅せるポイントだと思うのですが、それって二人に感情移入してるから観客側も心を揺さぶられるものでしょう?

映画『二ノ国』本予告【HD】2019年8月23日(金)公開

でも二人を好きになれなかったら、観てる人にとっては「殺し合おうが勝手にどうぞ」じゃないですか。

『コードギアス』のルルーシュとスザクのようにお互い譲れないものがあって、それのために友達でもぶつかり合うっていう構図が全く作れていないように感じました。

「?」を残す全くしっくりこないオチ

オチがだめだともう救いようがない気がします。

実はユウが二ノ国側の人間だったというオチ。

しかもハルと命が繋がっていると。

外見が似ていないことや、どうやってやってきたのか、ユウが引き取られた経緯など、多くの謎を残すラストでした。

「後は想像にお任せします」って作品じゃないと思うんですけどねー。

『天気の子』とか観た後だとなおさら、物足りなさや違和感を感じてしまうかもね笑。

「せめてオチはどんでん返し来いっ!」って祈りながら観てたんですけどねー。

だめでした笑。

まとめ

ここまで『二ノ国』の感想を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

Twitterも始めたのでよかったらフォローしてください!

コメント