【感想・評価(面白い?)】百田尚樹『夏の騎士』少しの勇気が人生を切り開く!甘酸っぱいひと夏の思い出!

冒険

どうもSoneyuです!

今回も面白い本を1冊読み終えたので、紹介していきたいと思います!

皆さん、「小学生時代の夏」のこと覚えていますか?

秘密基地を造ったり、探偵ごっこしたり、クラスの美少女に恋をしたり。

夏の思い出って誰の心にも原風景のように共通の懐かしさを感じるものがあると思うんです。

ぼくは田舎で走り回ったことも、秘密基地を造ったこともありませんが、夏っぽい音楽とか聞いたり、ジブリを観たりすると無性に懐かしい気持ちになるんです。

そんな2度と手に入らない、だからこそ恋しくなって心の底が温かくなるような「小学生時代の夏の思い出」がたっぷり詰まっているのが、『夏の騎士』です。

落ちこぼれの小学生3人が、騎士団を結成して、一夏を駆け抜ける物語。

百田尚樹の3年ぶりの書き下ろし長編をあなたもぜひ読んでみてください!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夏の騎士 [ 百田 尚樹 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/8/30時点)

楽天で購入

スポンサーリンク

百田尚樹『夏の騎士』 あらすじ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夏の騎士 [ 百田 尚樹 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/8/30時点)

 

楽天で購入

 

 

人生で最も大切なもの。それは、勇気だ。ぼくが今もどうにか人生の荒波を渡っていけるのは、31年前の出来事のおかげかもしれない――。昭和最後の夏、ぼくは仲の良い友人2人と騎士団を結成する。待ち受けていたのは、謎をめぐる冒険、友情、そして小さな恋。新たなる感動を呼び起こす百田版「スタンド・バイ・ミー」、遂に刊行。

https://www.shinchosha.co.jp/book/336414/

こんな人におすすめ!

  • 夏が好きな人
  • 子供の頃の劇的な出来事に憧れる人
  • 自分に自信のない人

『夏の騎士』が伝えたいことははっきりしています。

それは「自分から行動する勇気」の大切さ。

主人公たち3人は勉強も出来ず、クラスの底辺にいるような子供でした。

でも彼らはいくつかの出来事を乗り越えるごとに確実に変わっていくんです。

待っているだけじゃなく、自分から行動することで彼らは自分たちの人生を切り開きました。

大切な友人と少しの勇気、それがあるだけで人生はいくらでも変えられる。

彼らの夏の冒険が、ぼくたちにそう教えてくれます。

自分に自信が持てなくて、前向きになれない人にこそ読んで欲しい1冊です!

まとめ

ここまで『夏の騎士』の評価と感想を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

Twitterも始めたのでよかったらフォローしてください!

コメント