~ミステリーランキング三冠を獲得した“凄さ”とは?~相沢沙呼『medium 霊媒探偵城塚翡翠』【書評・感想】

~三冠を獲得した“凄さ”とは?~相沢沙呼『medium 霊媒探偵城塚翡翠』【書評・感想】 ミステリー

どうもSoneyuです!

皆さんはもう読みましたか?

あっという間にミステリ三冠を飾った、今話題の小説、『medium 霊媒探偵城塚翡翠』

続編が出てもおかしくないような終わり方をしていたので、ぜひ続編が出る前に・・・・・・・買いに行かれた方がよいでしょう!

その理由は読んだものにしか分かりませんが(笑)

(以下、『medium』と略)

スポンサーリンク

相沢沙呼 著『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 解説

あらすじ

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎(こうげつしろう)は、心に傷を負った女性、城塚翡翠(じょうづかひすい)と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。

評価・立ち位置

「このミステリーがすごい!」(宝島社)2020年国内編の第1位、

「本格ミステリ・ベスト10」(原書房)の2020年版国内ランキングの1位、

「2019年ベストブック」(Apple Books)の「2019年ベストミステリー」に選出され、

堂々のミステリーランキング3冠を獲得しています。

帯を見れば、綾辻行人や東野圭吾など日本の名だたるミステリー作家が絶賛している代物。

よほど穿った視点をお持ちでない限りはまず間違いなく、面白い!と唸らされる作品です。

作者

作者の相沢沙呼さんは、今年で10周年!

デビュー作『午前零時のサンドリヨン』で鮎川哲也賞を受賞。

ミステリーから青春系ラノベ作家でもあり、漫画原作者でもありと、業界・ジャンル幅広く活躍し

最近では、漫画『小説の神様』の実写映画化が決定したりと、今波に乗っている作家さんです。

スポンサーリンク

【ネタバレなし感想・解説】『medium』の凄さTop5

凄さその1.ヒロインの可愛さ

さて、美少女を愛する男性紳士の諸君におかれては、本作のヒロインの可愛さを理解できないなどとほざく輩はいないことでしょう。

ミステリアスでかつ、ふわふわっとした天然。

純粋で健気な彼女を、相沢沙呼先生の巧みな筆致が、みごとに自然な少女としてそこに表出させています。

ただし、この可愛さは、ラスト80ページで、2回ひっくりかえります。

これが、凄いったら凄い。

ヒロインのキャラそのものが、『medium』の醍醐味であり、

最後まで読まなければ、ヒロインの真の可愛さを、真の意味で理解できたとは言えないのです。

凄さその2.逆算の推理

本作の主軸は、

霊媒師のヒロインが先に犯人を指摘したり、犯人に繋がるヒントを出して、

そこから主人公が、犯人を客観的に証明するため・・・・・・・・・・・・・逆算した論理を組み立てるところにあります。

特殊ミステリーならではの面白い設定。

この「逆算の推理」も、『medium』の新鮮な面白さの一つです!

凄さその3.新・読者への挑戦

ラスト60ページで慌てて最初から読み直すミステリー小説を、あなたは読んだことがありますか?

と疑問を投げたくなるほどの、畏敬と屈辱を味あわされました。

この「慌てて」というところがミソであり、

つまり、ラスト60ページに到達するまでは、読み返すものだと思っていなかった。

つまり、ラストにすべてをひっくりかえす、どんでん返しが待っているということです。

凄さその4.全てが、伏線。

帯の「全てが、伏線」という煽り文句、騙し文句ではないのです

Soneyu
Soneyu

びっくりです。

たいていこういう煽りって誇張か嘘ですから。

誇張だろ!と安易に突っ込むことが憚れるほど緻密に作り込まれ、

一体書くのにどれほどの労力を費やしたのかと感嘆し、

作者に敬意を抱いてしまうほど計算され尽くしています。

ミステリー通にも絶賛される理由がここにあるのでしょう!

凄さその5.「大」どんでん返し

「大」を付けて差し支えない、どんでん返しだったと思います。

Soneyu<br>" class="lazy lazy-hidden speech-icon-image webpexpress-processed">
Soneyu

ドン、ドン、ドン!と、

ラスト80ページで、3回ほど大きな打ち上げ花火が上がりましたね。

読者が自らの足で誤った方向に歩いていたことに気づかされ、

真実を覆い隠していた奇術のトリックが白日の元にさらされ、

最後のオチも完璧と。

緻密な計算で読者を騙し、虜にする、

『medium』とは、そんな圧巻・圧倒のミステリー小説です!!

スポンサーリンク

まとめ・感想

ここまで相沢沙呼 著『medium 霊媒探偵城塚翡翠』の書評を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

僕は完全に作者にしてやられた人間です。

「はいはい、そういうことね。真相見えちゃいましたー」

って思ってたらきれいに足下をすくわれて、吠え面をかかされました。

どんでん返しの気持ちよさで言ったら、ミステリー小説の中でも上位に食い込む作品だと思いますね。

たまにはミステリーでも読んで吠え面をかかされたい!という方に、強くおすすめしたい一冊です!

スポンサーリンク
【2019上半期】令和に読むべき、おすすめミステリー小説ランキング!!!【超絶厳選】
この記事では、最近発売されたミステリー作品の中から特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。年間本を300冊読むぼくが、作品の魅力、面白かったところをわかりやすく紹介しているので、ぜひご覧ください!
【考察・感想】道尾秀介『いけない』1枚の写真ですべてがひっくり返る!?“体験型ミステリー”を味わえ!
この記事では、『いけない』の考察をしています!今話題沸騰のミステリー、読んだ後人と語りたくなるその面白さをぜひ味わってください!全四章で構成される本作を徹底的に考察しているので、謎が解けなくてモヤモヤするよっていう人はぜひご覧ください!

コメント