【感想】6月7日公開『海獣の子供』面白い?見るべき?神秘的で美しい映像にあなたもきっと息を呑む!

ザトウクジラ 映画

こんにちは、Soneyuです!

今回も映画を一本観たので、その面白さをネタバレなしで紹介していきたいと思います!

『海獣の子供』主題歌、「海の幽霊」。

米津玄師が歌うこの歌は、YouTubeで5月27日に公開され、公開4日と12時間で1000万回再生を突破し「Lemon」の記録を塗り替えました。

米津さんはほんとにすごい。繊細で雰囲気の伝わるとても良い曲で、僕ももう何回もリピートして聴いちゃってます笑

ですので、おそらく、この「海の幽霊」を聴いて『海獣の子供』を観に行く人は結構多いのではないかと思います。

なんなら「海の幽霊」を聴くために映画を観るなんて人もいるでしょう。

しかし、僕はそうした動機で観に行くのには賛成できません。(最終的に楽しめれば全然良いんですけど)

多分、軽い気持ちで観に行くと飽きちゃうと思います。

実際、

「なんだか思ったのと違ったー。「海の幽霊」最後しか流れないし」

って言っていた若い女の子もいました。

ただひとつ言えるのが、この作品は人を選ぶってことだと思います。

新しい作品を求めて常にアンテナを張っている人なんかは、多分どっぷりはまって何回も観に行くようになるでしょうし。

ここで、渡辺歩監督の言葉をパンフレットから引用します。

この物語には、明確な答えは提示されません。

おそらく、「わからないということが、わかる」ということなのだと思います。

『海獣の子供』パンフレット

要するに、『海獣の子供』は、伏線が綺麗に回収されるような作品ではなく、謎が謎のまま残る物語だということです。

また、もう一つの特徴として、挙げておきたいことが。

作画が半端ない

本作の映像・音楽は、観るものを圧倒する美しさを持っています。

だから、これから『海獣の子供』を観に行く人たちに伝えたいことが一言あります。

「考えるな。感じろ!」

スポンサーリンク

基本情報

海獣の子供

公開日:2019年6月7日

原作:五十嵐大介 『海獣の子供』

監督:渡辺歩

音楽:久石譲

主題歌:米津玄師 『海の幽霊』

キャスト:安海琉花役 芦田愛菜 , 海役 石橋陽彩 , 空役 浦上晟周

アニメーション製作:STUDIO4℃

こんな人におすすめ!

  • 原作のファン
  • 美しい映像に酔いしれたい人
  • 映画に自分なりの解釈を持ちたい人

【ネタバレなし】作品の特徴

よかった点

さっきも言いましたが、作画がすごすぎました

キャラクターの表情も豊かで、海の生物たちの躍動感に迫力を感じました。

絵の中に生命を感じるほど、リアルで繊細に描かれていてかなり作り込まれているのが伝わってきました。

悪かった点

最後の30分くらいは、何が起こっているのか半分くらいしか理解できませんでした笑

それが監督の意図した演出なんだと思うんですけど、置いてけぼりにされたと感じる人もきっといると思います。

もうちょっとだけ説明があってもよかったかな、とは感じました。

【ネタバレなし】考察

原作へのリスペクト

『海獣の子供』全体を通して感じた神秘的な雰囲気は、原作の持つ不思議な魅力を最大限表現しようとして作られたものだそうです。

その結果、4年の歳月がかかったとか。

原作の漫画5巻分を映画として2時間に落とし込むに当たって、試行錯誤の末、ストーリーが琉花の視点を通したものに変わりました。

映画ならではの『海獣の子供』が観られると思うので、原作ファンの方も是非劇場へ!

映像と音楽の究極のハーモニー

2015年から4年の月日をかけて作り込まれたSTDIO4℃の映像とストーリー、ジブリ作品で有名な久石譲の音楽と、米津玄師プロデュースの主題歌「海の幽霊」

これを聞くだけでも、クオリティの高い作品であることは間違いないのが分かるかと思います。

海辺の町の風景にふとした懐かしさを感じたり

海の動物たちの生命力に圧倒されたり、

満天の星空や広大な海の神秘的な景色に心を掴まれる

そんな映画の中に深く入り込むような、一つも見逃したくなくて目が離せなくなるような体験ができると思います。

まとめ

ここまでの内容をまとめると、

『海獣の子供』は、伏線がきれいに回収されるようなタイプの映画ではなく、スクリーンに没入し、その世界観に浸ることを意図して作られた映画です。

そして、観終わった後に、家族や友人と自分が気になったシーンや謎について語り合ったりすると、より一層楽しめると思います。

気になったかたは是非劇場へ!

ちなみに、パンフレットは買うことをおすすめします

監督や原作者のインタビューや、星の誕生についての考察なんかが載っていて、作品をより深く理解できると思います。

『海獣の子供』公式サイトはこちら

壮大な迫力繋がりで言ったら、ゴジラの映画の感想も書いています!

【感想】5月31日公開『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』当たり?はずれ?見るべきかどうか解説!
この記事では、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の評価と考察をしています。まだ観ようか迷っている人には、ゴジラにあまり詳しくない人でも楽しめるのかを解説します。もう鑑賞済みの方には、シーンを切り取って考察をしているのでそちらをご覧いただければと思います。

Twitter始めたので、よかったらフォローしてください!

コメント