【感想・評価】映画『ひとよ』“家族のつながり”をリアルに、ドラマチックに描いた、傑作ヒューマンドラマ!!

【感想・考察】映画『ひとよ』作中の気になるポイントを3つに絞って解説!! 社会派

どうもオオソネです!

今回も面白い映画に出会ったので紹介していきたいと思います!

【感想・考察】映画『ひとよ』作中の気になるポイントを3つに絞って解説!!【ネタバレあり】
この記事では映画『ひとよ』の感想・考察を書いています! 堂下道生や作品のテーマ、タイトルの意味など、作中で気になる3つのトピックについて解説!!モヤモヤが残った人はぜひご覧ください!
スポンサーリンク

映画『ひとよ』 あらすじ・評価

映画【ひとよ】予告 11月8日(金)全国公開

まずは、あらすじから!

あらすじ

どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。 それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。 そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—

「これは母さんが、親父を殺してまで つくってくれた自由なんだよ。」

15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。 皆が願った将来とはちがってしまった今、 再会を果たした彼らがたどりつく先は—

死ぬほど面白い

ほんとに超面白かったです。

是枝裕和監督の『万引き家族』と並ぶほどには面白かった。

“面白い”っていう言葉はちょっと広すぎると思うから言い直すと、

映画の中に表現したいことがあって、それを観る側が感じ取って咀嚼して考えて考えて、自分の意見として新たな血肉となるようなところ

が、すごく魅力的な作品です!

こんな人におすすめ!

すごい深くて、味の濃い作品であるが故に、万人に受ける作品ではないです。

  • 「親のせいで」って思う気持ちが分かる子供
  • 子供との関係で悩んだことのある親
  • 家族のあり方に疑問を持つ人

このあたりの人たちには、とてもとても刺さる映画で、これは間違いない。

“家族”を肯定的にも否定的にも描いていない現実的な作品、だから。

僕たちに考える材料をくれる。

ただ、生まれたときから順風満帆で家族大好きという人には、実感が追いつかない異世界のように感じるかもしれなくて。

つまり、あんまり面白くないかもね。

評価・感想【ネタバレなし】

演技派の俳優が揃う


佐藤健

鈴木亮平

松岡茉優

田中裕子

佐々木蔵之介


主要キャストのこの5人が、特にすごかった!

深い愛情と不器用さを併せ持つ、あの独特な雰囲気の母親は、田中裕子さん以外に考えられないですし、

一見サブに見える役どころだけど、ラストに向けてどんどん稲村家と関わってくる堂下道生を演じた佐々木蔵之介さんの存在も大きかった。

さらに兄弟の3人。

ドモリがちだけど、心根は優しい長男をリアリティを持って演じた鈴木亮平、

自由に振る舞いながらも母親の愛情を忘れられない長女の色々な側面を繊細に表現した松岡美優、

そして、

母親と家族のことを本当はどう思っているのか、自分でもその答えが分からないような、感情を持て余す次男を熱演した佐藤健。

この記事を書いていると、本当に良かった映画だなと改めてそんな思いがこみ上げてきました。

それぞれの見せ場となるシーンがちゃんとある。

でも、映画を観終わったときに、それらを思い出して全部を含めて「ああ、良かったな」と思って涙が出てくるような、そんな映画です。

一人一人が内面に本当の自分、表面上とは違う自分を持っていて、色々な出来事を通してそれが徐々に暴かれていく

それがこの映画の大筋のストーリーになっているので、

「このキャラは一見こういう性格に見えるけど、本当はどう思ってるんだろう?」

そういう視点で観ていくとより面白い映画になると思います!

テンポのいい脚本と一貫したテーマ

そして、『ひとよ』の大きな魅力となっているのが、

無駄なところがない綺麗な脚本

これです。

最初のワンシーン(家族が壊れる衝撃的な“一夜”)を観た時に、その時点ですげーってなりました。

冗長性がないというか、

いらないところを綺麗に削ぎ落として伝えたいところを短くダイレクトに伝えるにはどうしたらいいか、そこの試行錯誤の結晶を見せられた思いでした。

その最初のワンシーンだけじゃなくて、

その後も何カ所か伏線があって、中盤の膨らみをラストの大盛り上がりに着地させる流れがとても綺麗で

とにかくテンポの良い脚本で、飽きなかったです。

元々の原作が舞台作品であることも関係しているのでしょうね。

そしてそして、忘れちゃいけないのが、

テーマが一貫していること

社会派映画でよくありがちなこととして、

良い感じなのに、結局何を言いたいのか分からない

ってあるじゃないですか。

でも、この映画は違う。テーマがはっきりしている。

それが大きな魅力です。

映画を観て、家に帰るまでの道中に考える材料をくれること、これが良い映画の条件だとしたら、

『ひとよ』はそこにドストライクです。

“家族”とは何だ? 親の責任は? 子供はどう抜け出せばいい?

そんな、人類が皆決して無視できない、絶対に他人事だと割り切れない深いテーマに焦点を当てドラマチックに描いているのが、この映画。

ぜひ劇場でご覧ください!

↓原作です!

不思議と涙が溢れてくる

では最後に、

観る映画を決めるときに大事な大事な、映画館を出るときどんな気持ちになるのか、

そこをお話ししていこうと思います。

答えはタイトルに示した通り、「不思議と涙が溢れてくる」なのですが、

この涙は、悲しいわけでも、嬉しいわけでも、感動したわけでもないのです。

エンドロールを観てる時に、ふと涙がこぼれてきて、

それは、何だかほっと安堵したような涙でした。

最終的に家族の形がどうなるのか、それはぜひ自分の目で確かめてほしいのですが、

そのラストのシーンに何か「ああ、良かったな」と一息つくものがあって、

それを感じているときはすごい気持ちが良かったです。

清々しい感じがしました。

あとは、ただ単純に良い映画を観れたことの喜びと感動もあったのかもしれません。

映画『ひとよ』。

予告編を見ると、とても重く暗い映画のように見えるかもしれませんが、

観終わった後、清々しい気持ちと、深く考える材料をくれる映画です。

「俺に何か感じさせてみろ、そんな映画を俺は待ってるんだ!」

そういう人は、ぜひ一度この『ひとよ』をご覧になってはいかがでしょうか?

マジで面白かったので、ぜひ!

まとめ

ここまで映画『ひとよ』の感想・評価を書いてきましたがいかがだったでしょうか?

人類が皆決して無視できない深いテーマに焦点を当てドラマチックに描いている、『ひとよ』。

“家族”とは何だ? 親の責任は? 子供はどう抜け出せばいい?

この映画を観た後、帰り道でぜひ考えてみてください!

めっちゃ楽しいですよ。

それでは、良き映画ライフを!

【感想・考察】映画『ひとよ』作中の気になるポイントを3つに絞って解説!!【ネタバレあり】
この記事では映画『ひとよ』の感想・考察を書いています! 堂下道生や作品のテーマ、タイトルの意味など、作中で気になる3つのトピックについて解説!!モヤモヤが残った人はぜひご覧ください!

↓まだ間に合うおすすめ映画!!

【感想・評価】映画『マチネの終わりに』音楽と映像の美しさに魅せられる!!「大人の恋愛」を堪能せよ!!
この記事では映画『マチネの終わりに』の感想と評価をネタバレなし、ありのパートに分けて書いています!どんな物語で、どこが面白くて、どんな人に合っているのかを分かりやすく紹介しているので、ぜひご覧ください!
【感想・評価】映画『ジョーカー』「悪」の誕生は、恍惚として。
この記事では『ジョーカー』の感想をネタバレなしで書いています!どんな人におすすめか、実際に映画館に行くほどの面白さはあるのか、本作の魅力をサクッと紹介します!まだ観ていない人、観ようか迷っている人はぜひご覧ください!!

コメント