【感想】5月31日公開『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』当たり?はずれ?見るべきかどうか解説!

映画

こんにちは、Soneyuです!

この記事では、5月31日公開の映画『ゴジラ キングオブモンスターズ』の評価をしていきたいと思います。

見るべきか迷っている人に見てもらえればと思います。

また、ネタバレで見所ポイントを紹介していくので鑑賞後の人はそちらを見てください!

スポンサーリンク

『ゴジラ キングオブモンスターズ』評価 ゴジラにあまり詳しくない人でも楽しめる?

結論から言って、楽しめます

僕もゴジラはあんまり詳しくなくて、興味本位で見に行ったんですけどかなり面白かったです。

怪獣同士の戦いもさすがのハリウッドだけあって、すさまじい迫力でした。

終始中二心をくすぐってくる展開で、ずっとワクワクしっぱなしだったように思います。

人間側のドラマの方も、しっかり映画を引き立たせるのに貢献していたと思いますし、そしてなにより渡辺謙の役が素晴らしかったと思います。

制作側が日本に対してリスペクトの念を持っているんだろうなと感じました。それだけ意味のある役どころだったと思います。

総括すると、ゴジラをあまり知らない人でも色々な要素で楽しめると思います。

少しでも気になった方は是非劇場へ!

【ネタバレあり】『ゴジラ キングオブモンスターズ』面白かったポイント考察!

ここから、僕が面白いと思ったポイントを考察&解説していきたいと思います!

モスラの可愛さ

作中で、モスラは「怪獣の女王」として、とても美しい存在として描かれていました。

そのモスラが超可愛い!

ゴジラを復活させるシーンもとても幻想的でしたし、ゴジラとギドラの戦いにも参戦して見事ラドンに勝利する強さも持っています。自らがボロボロになりながらも、気高く戦う姿は、まさに女王という感じでした

しかし、ゴジラがギドラによって宙から落とされ絶体絶命のピンチに陥ったとき、モスラは満身創痍なのにもかかわらず、ギドラに立ち向かい、そして、ギドラの光線によって命を落とします。

強さと気高さ、そして臆せず敵に立ち向かう勇気を持っているモスラに魅了された人は多いのではないでしょうか?

体がちょっと小さいところがまた、守ってあげたくなるような感じがして可愛いと思います。

スケールは圧倒的に違うのですが、なんだか怪獣も人間と通じるところを持っていると感じました。

芹沢博士の存在の意味 「さらば友よ」

渡辺謙演じる芹沢猪四郎博士。

ゴジラに対して強い思い入れを抱いており、怪獣との共存を強く訴えている人物です。

そんな芹沢博士ですが、作中で極めて印象的な死を迎えます。

瀕死の状態であるゴジラに気合いを入れるために、核爆弾をぶち込む作戦を立てたモナーク一行。しかし、故障により核爆弾は手動で作動させなければいけなくなり、芹沢博士自らがその役目を志願します。

そして、無事ゴジラの元まで到達した芹沢博士は、

さらば、友よ

という日本語の一言を残して、核爆弾の爆風に飲まれます。

このセリフが日本語という演出も良いですよね。なんだかハリウッド映画で日本語のセリフが出てくるとちょっと興奮しちゃいます。

でも、今回はそれだけの意味じゃなくて、瀕死のゴジラを日本人が救うってことに意味があるんだと思います。

このシーンはストーリー上でも重要なシーンですし、後の「博士が気合いを入れすぎた」というゴジラ覚醒の理由にも深い意味を見いだすこともできるんです。(芹沢博士(日本人の象徴)のゴジラに対する深い思いや愛情が、ゴジラを目覚めさせ、覚醒させた)

こういう演出を入れてくるところに、日本に対するリスペクトのようなものを感じます。

王の戦い

<偽物の王>ギドラVS<本物の王>ゴジラの構図は、とてもわかりやすくてよかったと思います。

ゴジラとギドラの戦いは、最後まで迫力満点で、特にモスラとの共闘はテンション上がりました!

そして、なにより印象的だったのが、戦いが終結した後、ゴジラの周りに世界各地で暴れていた怪獣たちが集まってきて、ゴジラに跪き頭を垂れるシーン

言葉はないけれど、まるで「あなたが王」だと皆が認めているようでした。

このシーンを見て、やっぱり怪獣の世界も人間と同じようなところがあるなと改めて思いました。

圧倒的な強者に従おうとするのは、どの世界でも共通なのでしょうか?

まとめ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の評価と考察をしてきましたが、どうだったでしょうか?

ゴジラ好きはもちろん、そうではない方も十分楽しめる作品だと思います。

まだ観ていない方は、是非劇場へ!

壮大な映画繋がりで、『海獣の子供』の感想も書いています!よかったらどうぞ!

【感想】6月7日公開『海獣の子供』面白い?見るべき?神秘的で美しい映像にあなたもきっと息を呑む!
この記事では、『海獣の子供』について紹介しています。僕が観た感想も含め、ネタバレなしでその面白さを解説しています。また、観る前に知っておけばより一層作品を楽しめる情報もお届けします。まだ観ようか迷っている人に特におすすめです。是非ご覧ください!

人類絶滅の危機?破滅テーマ本格SFのおすすめ小説です!

【書評】『復活の日』破滅テーマの本格SFの先駆け!南極に残された一万人の決断とは?
この記事では、『復活の日』の書評をしています。ネタバレなしで、本作の魅力を解説していくので、興味のある方、読もうか迷っている方におすすめです!是非ご覧ください!

コメント