【感想・レビュー】本の要約サイトflier(フライヤー)で100冊以上読んでみた。【より効率的な使い方4選】

【感想・レビュー】本の要約サイトflier(フライヤー)で100冊以上読んでみた。【効率的な使い方4選】 flier
flierの契約を考えている人
flierの契約を考えている人

本の要約サイトってためになるの?確かにスキマ時間に使えたら便利そうだけど、要約の質とかもわからないしな……実際にflierを使った人の意見が聞きたい。

→そんな悩みに答えます。

本記事では、

  • flierを使ってみた感想→スキマ時間に最適、電車の友に
  • 要約を「読むだけじゃない、flierのより効率的な使い方

について書いていきます。

この記事を書いている僕は、flier抜きで、年間300冊以上の本を読んでいます

小説や実用書コミコミで。

そんな本好きの僕が、flierを一ヶ月以上使い100冊読んだ結果として、感想&使い方のコツを解説していきます。

スポンサーリンク

flier(フライヤー)を使ってみた感想→電車の友に

一ヶ月使ってみて、flierは「電車の友」として重宝しています。

スキマ時間に使うという前提なら、かなり実用性の高いサービスです。

*下記より使ってわかったflierの特徴を解説していきます

  • 1.要約を読む価値は読書とイコールではない
  • 2.要約の質がかなり高い
  • 3.蔵書数の多さで飽きない
  • 4.月額2000円は高くないと思う

1.要約を読む価値は読書とイコールではない

flierを使い始めた最初は、「こんだけの本読みまくれば超知識人になれるじゃん」って思ってましたが、そんなわけがありませんでした。

正直要約を読む価値は読書とイコールではないな、というのが、今のところの結論です。

なぜなら、基本流し読みだから

電車などのスキマ時間に使うとなると、当たり前ですけど、本みたいにじっくり読まないですよね。

流し読みゆえに、読書のような濃厚感はないです。

そして、要約は「抜けている部分もある」

『ヤバい集中力』を例に取ると、

  • 序章、第一,二,三章の要点がまとめられていた
  • 第四,五,六章には触れられていない

のように、要約というのは全てが網羅されているわけではありません。

「抜けている部分がある」というのは、要約の欠点でもあります。

2.要約の質がかなり高い

要約の価値は読書とイコールではありませんが、要約にはスキマ時間に読めるというメリットがあります。

そして、そのメリットを最大化しているのが、flierの要約の質の高さ

flierが他の要約サイトと差別化をはかるためにガンガン力を入れているポイントですね。

顔の見えるプロのライター

flierでは、ライターであるプロの編集者経営コンサルタントのプロフィールが読めます。

誰が書いたかわかるのは、結構大きな信頼に繋がるポイントです。

ハウツー本に最適

要約の質の高さが最大に活かされる本、それはハウツー本です。

実用書ってページ数を稼ぐために、「いや、それどうでもいいから早く結論いってよ……」ってなるところも書かれてたりするじゃないですか。

でも、要約だとそれをいいとこ取りできる。

結論だけを読むことができます。

なので、ハウツーだけ知りたいという本は、要約で読むのがおすすめです。

↓flierを読むだけで、ハウツーがわかる1冊の例

3.蔵書数の多さで飽きない

flierを使っていて一番感じたのが、「実用書ってこんなにあってのか」という純粋な驚き。

flierは一日一冊の要約が追加されるというシステムで、毎日必ず新しい要約と出会えます。

今では、合計1800冊以上の書籍が要約化されています。(2020/01現在)

普通に生きてたら絶対に読まない本に出会える

本との出会いは一期一会なんてよくいいますが、flierを使えばその一期一会を大量に引き当てることができます

1800冊の本が17のカテゴリに分類されていて、「面白い本ないかな」と適当にスワイプしてるだけで、毎日何かしらビビッとくる1冊に出会える

それが、普段絶対読まない本だったりするから面白いです。

↓たとえばこの本とか。

売れ筋上位の話題作の要約も

「ランキング1位だから」という理由で、思考停止して本買うことって多くないですか?

みんな買ってるから何となく、みたいな。

でも、本当に大事なのは、自分が読むべき本なのかどうかってことですよね。

「flierで一度要約を読んで、それでも買いたいと思ったなら買う」

このプロセスを踏むようになってから、無駄な本を買うことが一度もなくなりました。

4.月額2000円は、高くはないと思う

flierは、要約の単品購入はできない、月額課金制です。

まずは、flierのプラン表をご覧ください。(*料金は税抜き)

無料会員シルバープランゴールドプラン学割プラン
料金0円/月500円/月2000円/月800円/月
内容無料要約20冊程度無料+有料月5冊まで全ての要約ゴールドプランと同様
その他今は無料体験なし30日間無料体験あり無料体験なし
対象:学生(社会人学生含む。高校生は対象外)

正直、月500円で月5冊までのシルバープランはコスパが悪いです。

使うなら、全ての要約を読める、月2000円のゴールドプランか、月800円の学割プランがおすすめです。

問題は、ゴールドプランを使って月2000円の元を取れるのかということですが、

個人的には、高くはないと思います。

正直、1500円くらいになってくれると最高ですが、2000円でもその価値は確実にあります。

外れの実用書を買った場合→1500円+読んだ分の時間

flierで「自分が本当に読むべき本を厳選して買う」ことで、外れの実用書を買ったときのリスクを避けられます。

また、flierはスキマ時間に使えるというメリットは、使い方次第でかなり大きいです。

2000円で一冊の実用書を買うようなもの

2000円で実用書一冊分のインプット」としてなら、考えられないこともないですよね。

さらに言えば、使えば使うほどお得になるという優れものです。

「高い」と感じるなら、無料体験がおすすめ

もし「高い」と感じるなら、

まず無料体験で「自分にとって本当に2000円を払う価値のあるサービスか」を試してみるのがおすすめです。

使ってみないとわからないことの方が多いと思うので。

→【初月無料】本の要約サイトflierで新たな読書体験をしよう

学割プランは、知らない大学生が損レベルのコスパ

あと、月800円という学割プランのコスパは破格すぎるので、知らない大学生は損レベルです。

ぜひ「学生特権」を活用することをおすすめします。

→学割プランの詳細を見る

*なお、無料枠で読める要約の一覧をのせておくので、「どんな本があるのか」の参考にしてください

  • 事実はなぜ人の意見を変えられないのか
  • 1分で話せ
  • 超効率勉強法
  • Move Fast and Break Things
  • 学びを結果に変えるアウトプット大全
  • メモの魔力
  • FACTFULNESS
  • マイ・ストーリー
  • 82年生まれ、キム・ジヨン
  • 最高の組織
  • ホモデウス
  • TRUST
  • スタートアップ・ウェイ
  • リーン・スタートアップ
  • 多動力
  • ライフ・シフト
  • 利己的な遺伝子
  • 夜と霧
  • 孫子
  • 21世紀の資本
  • 7つの習慣
  • 人を動かす
  • イシューから始めよう
  • これからの「正義」の話をしよう

(*無料会員枠の本は月に2~3冊入れ替わります。2020年1月現在)

料金プランについて詳しく知りたい方はこちら

【学生必見】本の要約サイトflier(フライヤー)学割プランが最強のコスパだった【プラン比較おすすめ】
flierという本の要約サイトの学割プランのコスパがかなり良いです。1ヶ月以上使った感想を交えながら、他の3つのプランとも比較して解説していきます。学生の方、flierのプランで悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

より効率的なflier(フライヤー)の使い方4選

flierの使い道は、要約を「読む」だけではありません。

初めてflierを使うという人向けに、flierのより効率的な使い方をまとめました。

  • 1.本の購入検討材料として
  • 2.本の予習・復習として
  • 3.ハウツーを実生活に活かす
  • 4.知的好奇心を満たす

1.本の購入検討材料として

flierでは、本の要約のページがAmazonや楽天のリンクと直結しているので、面白いと思った本をそくポチることも可能です。

「要約を読んでから買うかどうか決める」のは、外れ本を避ける上でとても有効な戦略です。

僕は、flierで「いつか読みたいな」と思った本は必ずメモるようにして、時間のあるときに買うようにしています。

*実際に購入した書籍がこちら↓

2.本の予習・復習として

本の予習

要約を読んだ上で実際の書籍を読むと、驚くほど頭への入りやすさが違います。

読書効率を上げるテクニックのひとつです。

本の復習

「この本、どんな内容だったっけな」ってなることありません?

要約でエッセンスを知るだけで、「こんなことも書いてあったな」と周辺知識も思い出せるのでおすすめです。

3.ハウツーを実生活に活かす

先ほども書きましたが、ハウツー本は要約に最適なので、それをそのまま実生活に活かせます。

コメント機能が便利

僕は普段電車で流し見しながら、「これ、いいな」と思ったことをコメントに残すようにしています。

このコメントは自分にしか見れないので、かなり便利です。

4.知的好奇心を満たす

これは単に、色々な本を読みまくるのは楽しいよ、というだけですが、

一番重要なポイントだともいえます。

「頭に入れないと」というプレッシャーがないのも、いいところです。

おすすめの要約5選

flierを契約したら、まずランキング上位の本を片っ端から読むのがいいと思います。

なので、ここでは埋もれている面白い本を5冊だけ紹介します。

ちょっとした参考にしてください。

  • 140字の戦争
  • 1日3時間だけ働いておだやかにくらすための思考法
  • 人生は攻略できる
  • 天才とは何か
  • 新幹線お掃除の天使たち

最後に:flierが微妙なら、すぐに解約しよう

もし使ってみて「肌に合わないな」と感じたらすぐに解約してOKです。

一ヶ月の間で、色々試しながら、どんな場面で使えるか考えてみてください。

2020年の新しい習慣に

海外ではすでに人気の「本の要約サービス」ブームが、やっと日本にもじわじわ広がり始めたみたいです。

これを機に、スキマ時間を要約に使う習慣を付けてみてはいかがでしょうか?

個人的には、「電車のお友」にするのがおすすめです。

それでは、良き読書ライフを!!

→【初月無料】本の要約サイトflierで新たな読書体験をしよう

大学生の人は↓

→学割プランの詳細を見たい人はこちら
【解説】本の要約サイトflier(フライヤー)登録・解約方法まとめ【使ってみたデメリットも】
flierという本の要約サイトの実用性がかなり高めなのでレビューをしていきます。スキマ時間を無駄にしたくない人、色々な知識をインプットしたい人におすすめのサービスです。登録・解約の方法やキャンペーン情報についても解説しているので興味のある人はぜひご覧ください。

コメント