【ネタバレ解説】映画『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』原作との違いを解説!!

アニメ

どうもSoneyuです!

今回は映画『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』について、原作との違い、映画オリジナルのシーンを解説していきたいと思います!

よかったら合わせて下の記事もご覧ください!内容を詳しく解説しています!

【評価&感想】『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』映画館で観るほどの面白さはあるか?
爆裂魔法で始まり、爆裂魔法で終わる、最高の90分!しかしてそれは映画館に行くほどの面白さなのか?それ以外にも、原作との違い、入場者特典の内容なども解説しています!ぜひご覧ください!
スポンサーリンク

原作だと何巻?

映画『このすば』は原作の5巻に相当します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この素晴らしい世界に祝福を! 5巻 爆裂紅魔にレッツ&ゴー!!
価格:670円(税込、送料別) (2019/8/30時点)

楽天で購入

アニメ2期でちょうど4巻まで進んだので、その続きということになります。

映画化しやすいエピソードでしたからねー。

原作と映画の違いは?

ここからは原作と映画の違う点について詳しく解説していきたいと思います。

大筋は原作と同じなのですが、微妙に違うところやカットされているところがあるので紹介していきますね。

バニルの助言

映画ではカットされていましたが、原作ではカズマたちが紅魔の里に向かうためウィズにテレポートを頼む際、バニルがカズマに一つ助言をしていたんです。

その内容は…

「この旅の目的地で仲間に迷いを打ち明けられる時がくるが、カズマの言葉次第でその仲間は自らの歩むべき道を変えるので、後悔のない助言を与えるように」

とのことで、これがラストシーンの伏線になっていました。

カズマが女オークに追いかけられた理由

映画ではカズマがいきなり女オークに追いかけられているシーンから始まりましたが、原作ではちゃんと理由となるやりとりがありました。

カズマが道中女オークに襲われ、ドレインタッチでそいつを倒したことにより、女オークたちはカズマが優秀な遺伝子だと思い込み、大量の女オークたちがカズマを追いかけ回す騒動へと発展したのでした。

確かになくても繋がりますからね。映画では尺の都合もあり、カットかな。

安楽少女

原作は映画と異なり、一旦アルカンレティアにテレポートしてから紅魔の里へと向かうのですが、その道中の安楽少女とカズマの戦いがカットされていました。

安楽少女というのは、人の姿に擬態し同情を誘うという恐ろしいモンスターのことです。

アクアたち3人がまず籠絡され、カズマもしぶしぶ見逃してやることにしたのですが、安楽少女のキャバ嬢みたいな本性を目のあたりにし、激昂して討伐。レベルが3上がりました。

ぼくこのシーン超好きなので、映画で見たかったですねー。ちょっと残念。

紅魔の里での最後の夜

映画では2回の夜しか描かれていませんが、原作では3度目の夜があります。

紅魔の里の修復を見守るためにもう少しだけ滞在することになったカズマはもう一晩めぐみんの家に泊まります。

その夜、カズマはバレンタインの話をしたり、めぐみんが「私はカズマのこと好きですよ」と言ったり、このあたりからめぐみんのヒロインとしてのキャラが確立されていきます。

そして「カズマはもし手に入るとしたなら、優秀な魔法使い、欲しいですか?」 の発言が映画でも描かれたラストシーン、カズマさんのかっこいいシーンへの伏線となるのです。

めぐみんとゆんゆんの里での評価

一連の騒動の後、ゆんゆんはシルビアに啖呵を切ったことでカリスマ的存在になり、めぐみんは紅魔ではネタ魔法とされる爆裂魔法を使ったことで株が落ちていました。

映画では、ここら辺のシーンがかなりカットされてましたね。

めぐみんが、ふにふらとどどんこにカズマのことを自分の男だと言って自慢したりと。

エピローグ

原作6巻へと繋がる5巻のエピローグは映画では描かれませんでした。

原作では王国の第一王女から手紙が届くのですが、完全にカットでしたね。

果たしてアニメ3期はあるのか、ないのか?

映画でその次へと繋がるエピローグを描かなかったということは、映画の興行収入次第ということでしょうか。

まあ、ここまで大ヒット作となった以上、多分あるんじゃないかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この素晴らしい世界に祝福を! 5巻 爆裂紅魔にレッツ&ゴー!!
価格:670円(税込、送料別) (2019/8/30時点)

 

楽天で購入

 

 

まとめ

ここまで映画『このすば』の映画と原作の違いについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

 

Twitterも始めたのでよかったらフォローしてください!

https://twitter.com/BlogSoneyu

コメント