【2020年最新】大学生におすすめの実用書・自己啓発書Top11【現役大学生が選ぶ】

おすすめ

大学生って暇だし、本でも読もうかと思ったんだけど、何から読めばいいかわかんねえ……

いきなり難しいのは挫折しそうだし、こう大学生にちょうどいいのってないのかしら……

→そんな悩みに答えます。

本記事では、

  • 自分に合った読むべき本を見つけるにはどうしたらいいか?
  • 大学生におすすめの実用書・自己啓発本11選

について書いていきます。

この記事を書いている僕は、年間300冊以上の本を読む本好きです。

いつも引きこもって読書している、病的なまでの「本の虫」ですね。

小説だけでなく、実用書もたくさん読んできた経験を踏まえて、現役大学生として同じ大学生に読んでほしい本を厳選しました。

今回選んだ本にはどれも「人生を変える力」があります。(僕も努力中)

何を読もうかで迷っているという人は、ぜひ参考にしてください!!

Soneyu
Soneyu

特にこだわりのない人は、とりあえず一位から読んでね!

スポンサーリンク

読むべき本を見つける「本探し」の方法3選

読書生活の中で実証済みの、効果的な本探しの方法をご紹介します。

  • 1.友人・尊敬する人のおすすめしている本を買う
  • 2.書店に行って、立ち読みや店員のポップを見て買う
  • 3.要約サービス(flier)であらかじめ内容を把握してから買う

1.友人・尊敬する人のおすすめしている本を買う

これはかなり効果が高いです。

読書好きでかつ精神の波長が合う人を見つけると、最強です。

2.書店に行って、立ち読みや店員のポップを見て買う

これは、時間がある人向けですね。

適当なページを開いてみて、直感で選ぶと良い本だったりします。

ただ、Amazonで選ぶのはよくないです。というより、リスクが高いです。

誰が書いたかわからないレビューや評価、数ページの試し読みだけで判断して、1500円の損失をありがたく享受するなんて愚の骨頂です。

3.要約サイト(flier)であらかじめ内容を把握してから買う

そこで、時間のない人におすすめなのが、この本の要約サイトflier

1冊10分で本の要約が読めるサービスで、実際に使ってみたところ「かなり使い道が多いサービスだな」と感じました。

一ヶ月で100冊以上の要約を読んでみましたが、実用性高めだったので今でも愛用しています。

↓これね。

最近は、「flierで面白そうだと思った本をメモしておいて、本を読み終わる度にそこから選ぶ」という生活をしています。

電車でやることが確立されたのが、個人的に超嬉しいです。

また、学割プランのコスパが破格なので、知らない大学生は損レベルだと思います。

→【初月無料】本の要約サイトflierで新たな読書体験をしよう

→flierについて詳しく知りたい人はこちら

【感想・レビュー】本の要約サイトflier(フライヤー)で100冊以上読んでみた。【より効率的な使い方4選】
「本の要約って本当に使えるの?」→そんな疑問に答えます。flierで実際に一ヶ月以上100冊以上読んでみた感想やより効率的な使い方を書いているので、flierに興味がある人・flierの契約を考えている人はぜひご覧ください!

大学生が読むべきおすすめ実用書・自己啓発本Top10

さてここからは、大学生におすすめの実用書・自己啓発本をランキング形式で紹介!

Soneyu
Soneyu

なるべくジャンルが重ならないように選びました。

気になる本から手に取ってみてね!

1位.『嫌われる勇気』

  • 「アドラー心理学が示す新しい生き方」
  • 読みやすさ☆5
  • 長さ☆3
  • 革新性☆5
  • 実用性☆5

(*☆が多いほど読みやすく、短く、革新性、実用性が高いです。☆3は普通)

いきなりド定番のやつでごめんなさい。

でも、この本にはダントツで人生を変える力があります。

読んでいない人は、必ずどこかのタイミングで読んでください。

人生のどこかのタイミングで、必ず。

その価値がある名著です。

最初に「嫌われる勇気」というタイトルを見たとき、どう思いましたか?

「嫌われてもいいから、自分のやりたいことやろうぜ!」

みたいなことが書いてあると思ったのではないですか?

実際それに近いことが書いてあります。

けれど、本当の意味は、もっっとシビア

つまり、

「相手が俺のことを嫌うかどうかは、相手が決めることだろ。俺は俺の生き方を貫くだけだ」

という意味。

まとめると、

「嫌われる」ということを、自分の生き方を貫くために支払うコストだと考えるのではなく、

そもそも自分とは関係のないことだと考えるべき、そうこの本はいっているのです。

今の生き方の常識を覆してくれる一冊

何となく『嫌われる勇気』がどんな本なのかが見えてきました?

提示される思わずハッとするような新しい考え方に、何度も驚かされることでしょう。

「“アドラー心理学”をほんとにマスターした時、世界は一体どんな風に見えるのか」

そんなことを期待してしまうほど、今の生き方の常識を覆してくれる一冊です!!

Soneyu
Soneyu

哲人と学生の対話形式で書かれているので、とても読みやすいですよ。

どんな人に、とかじゃなくて、全ての人におすすめしたい本です。

続編『幸せになる勇気』がこちら↓

2位.『NO LIMIT 自分を超える方法』

  • 「挑戦する人のカンフル剤」
  • 読みやすさ☆5
  • 長さ☆3
  • 革新性☆3
  • 実用性☆5

(*☆が多いほど読みやすく、短く、革新性・実用性が高いです。☆3は普通)

著者の栗城史多さんをご存じでしょうか?

8回エベレスト登頂に挑戦した登山家で、35歳の若さで亡くなっています。

その生き様が圧巻の一言!!

Soneyu
Soneyu

ウィキペディアがまるで伝説のよう。

彼の挑戦は命を粗末にした無謀な行為だと怒った人や、

憧れる人が出てきたらどうするのと心配した人もきっといたでしょう。

なにせ、彼は凍傷で指9本を切断して、その上でエベレストを登ろうとした人です。

しかし、そんな男の人生が果たして不幸せなものだったのか?

僕は、この本を読んで、心の底からグワーッとエネルギーが湧いてきたような気がしました。

何かが本を伝って、自分の内側に入ってくるような感じがしたんです。

「ああ、これが心震えるってことなのか」ってそのとき思いました。

「やりたいことがあるのに始めの一歩が出ない」

「自分には才能がないのだと夢を諦めかけている」

そんな人に、問答無用でおすすめする一冊です。

3位.『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』

  • 「マーケティングの面白さにハマる」
  • 読みやすさ☆4
  • 長さ☆3
  • 革新性☆4
  • 実用性☆5

(*☆が多いほど読みやすく、短く、革新性・実用性が高いです。☆3は普通)

あらゆるビジネスの根幹にある「マーケティング」。

普段何気なく手に取るその商品は、何人ものマーケターたちが積み重ねた不断の努力の結晶なのである……。

と、そんなことを意識して過ごすようになるきっかけをくれるのがこの一冊。

「マーケティング」は普通に勉強するだけでも実生活との関連が見えて面白いものですが、

これからの時代、副業がどんどん解禁されていき、「いざ個人で稼ごう」となったときにとても役に立つはずです。

皆さんの中にも、ブログやYouTubeを始めようと考えている人もいるのではないでしょうか?

「マーケティングにハマるための入門書」として、これ以上の一冊はありません。

Soneyu
Soneyu

単純な面白さも持つ一冊です。

なんでジェットコースターが後ろ向きに走ったと思いますか?

かっこいい職業だなと心の底から思いました(笑)

マーケティング的「思考法」に焦点を当てた一冊↓

4位.『投資家みたいに生きろ』

  • 「未来に投資するための日常具体的ハウツー」
  • 読みやすさ☆4
  • 長さ☆3
  • 実用性☆5

(*☆が多いほど読みやすく、短く、実用性が高いです。☆3は普通)

『嫌われる勇気』は長期的なマインド改革を勧め、

『NO LIMIT』は短期的に意志力をブーストさせる本。

いや、もっと日常に使える具体的な本はないの?

という問いに答える一冊が、『投資家みたいに生きろ』です。

まず、どんな本かを解説するために、文章中の一節を紹介します!

それが、こちら!

「これは浪費だろうか?それとも投資だろうか?」

もはや座右の銘にしたいくらいの名言です。

何かをする度に、この言葉を唱えてみてください。

「自分は今何をしているのか?」

「これは本当に自分がやりたいと思ったことなのか?」

“今”という時間に自覚を持てるようになります。

Soneyu
Soneyu

これが、馬鹿にならないくらい、効果的です。

こうした未来に投資するためのハウツーがたくさん詰まった一冊!

日常の過ごし方から自分を変えていきたいという方におすすめです!

5位.『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

  • 「文章とは何か。その向き合い方から変えていこう」
  • 読みやすさ☆3
  • 長さ☆4
  • 実用性☆5

「文章術を磨きたい!」と思っている人は、まずこの本を買っておけば間違いありません。

というより、文系・理系問わず、大学生であれば読んで損はない本です。

それは、レポートに役立つとか、論文書くときに有用だとかいう話ではなく、もっと本質的なことです。

「文章とは、書くこととは何なのか?」という疑問を、本書は最初に投げかけます。

それに対し、著者の結論はこう。

「書くこととは、考えることである」

つまり、「書くことっていうのは、けっこう奥深いものなんだぜ」ってことをいっています。

よくわからないでしょ?

そんな、よくわからないくらいに、

「文章」に対する認識そのものをガラッと変えてしまうような一撃をくれるのが、この一冊。

著者の「文章」に対する思いや熱意を強く感じられる本です!

Soneyu
Soneyu

考えてみればTwitterだって文章の一つですよね。

「文章術」は身につけるのに時間がかかりますし、応用の幅も広いので大学生のうちから勉強しておけば必ずどこかで役に立つはずです!

「文章術」をマスターしたいという人は、次の二冊も必読です↓

6位.『思考の整理学』

  • 「“思考”を巧みに操るための取扱説明書」
  • 読みやすさ☆3
  • 長さ☆5
  • 実用性☆5

(*☆が多いほど読みやすく、短く、実用性が高いです。☆3は普通)

こちらも有名な本でごめんなさい。

「東大・京大に一番読まれた本」として売り出されていますね。

大学の書店で見かけたという人も多いのでは?

では、なぜそんなに大学生、それも頭の良い人たちに人気なのでしょうか?

それは、「マインド」について書いている本はあっても、「思考」について書いている本は少ないからです。

例えるなら、包丁でリンゴを切るときに、

「マインド」について書いた本とは、こういう切り方をしたら上手くいくよ、と教えてくれるもので、

「思考」について書いた本とは、自分なりの切り方を見つけるためにはどうしたらいいか、を教えてくれるものです。

何となくわかりました?

『嫌われる勇気』も『投資家みたいに生きろ』も、「マインド」についての本です。

それに対し、『思考の整理学』は、“考えること”の効率的な活用方法を教えてくれます。

ぜひ、本書を使って「思考」という一生ものの武器を身につけてください!

Soneyu
Soneyu

とても薄くて値段も控えめなので、気軽に手を出せる一冊です。

7位.『最短の時間で最大の成果を手に入れる超効率勉強法』

  • 「勉強の最適化(MyベストDaiGo本
  • 読みやすさ☆5
  • 長さ☆4
  • 実用性☆5

(*☆が多いほど読みやすく、短く、実用性が高いです。☆3は普通)

勉強といえば、学生の本分。

しかし、勉強に時間を取られたくないのが、学生の本音ではないですか?

ですよね。

そんな人は、まずこの本を読んでみてください。

本書の良いところは、著者DaiGoさんの個人的な体験談を書いているのではなく、

科学的に証明された論文を元にして、そこから導き出された勉強メソッドが書かれていることです。

いうなれば、科学式勉強法です!

科学で証明されたということは、例外はあるにせよ、大多数の人間に当てはまるということ。

「とりあえず試してみて効果のあったものだけを取り入れていく」という使い方がおすすめです!!

Soneyu
Soneyu

DaiGo本は非常に読みやすいので、早ければ一時間程度で読めると思います。

時間のない人にも!

勉強をさらに効率的にするための一冊↓