~究極のディストピア、恐るべき人理の終着点~ジョージ・オーウェル著『一九八四年』

~究極のディストピア、恐るべき人理の終着点~ジョージ・オーウェル著『一九八四年』 SF

どうもSoneyuです!

今回は、ジョージ・オーウェルの『一九八四年』を紹介していきます!

英国の「読んだふり本」堂々の第一位に選ばれた本作!!

本棚で安らかに眠っているという人も多いのでは?

未来を予言したような小説だって聞いたことはあるけども……

興味はあるけど、読もうという気になれない……

という人はぜひ!

★記事の内容
  • 「一九八四年」の要点が分かる
  • 「一九八四年」の面白さが分かる
  • 「一九八四年」を読みたくなる
スポンサーリンク

Ⅰ.「一九八四年」について

『一九八四年』の面白さを見ていく前に、まずは要点をサラッとみていきましょう!

内容について

戦争が絶えず、全体主義が世界を統一した、超監視社会のディストピアで、

人間性の力を信じ、何とか反撃を試みる、2人の男女の姿を描きます。

Soneyu
Soneyu

想像の100倍はディストピアです。

「今の社会に生まれて良かった」と安堵することうけあいの一冊となっております。

著者について

著者は、ジョージ・オーウェル

生まれは、イギリス植民地時代のインド

1903~1950年の時代を生きた人物です。

Soneyu
Soneyu

戦時中どストライク!!

小説家になったのは意外にも晩年であり、

有名な長編小説は『動物農場』と『一九八四年』の二つのみなのです。

時代背景について

『一九八四年』が出版されたのは、1949年。

冷戦中ゆえに、“反共産主義”のバイブルとして英米で爆発的に売れたといいます。

Soneyu
Soneyu

プロパガンダ的にぴったりの一冊だったようですね。

ジョージ・オーウェルの意図とは関係なしに。

タイトルの意味

諸説ありますが、一説では、

執筆年の1948をひっくり返して、1984年にしたといいます。

ただ、適当に付けられたわけではなく、オーウェルから見て、約40年後の世界を仮想して書かれた作品であることは間違いないです。

評価について

欧米では、「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」「史上最高の文学100」に選ばれていて、かなり評価の高い一作として有名です。

Soneyu
Soneyu

有名なのに読まれていないとは。

矛盾も甚だしいことよ。

日本語訳について

『一九八四年』は、そんなにたくさんの訳があるわけではありません。

なので、無難に一番新しい訳を選んで問題ないでしょう。

おすすめの一番新しい訳はこちら↓

スポンサーリンク

Ⅱ.『一九八四年』の面白さ・読むべきメリット

さて、ここからは、『一九八四年』の面白さを分かりやすくお伝えしていきます!!

1.超監視社会という世界観のホラー的な面白さ

ここまで要点を見てきて、政治的な響きを帯びていて難しそうだと思ったでしょ?

ても、全くそんなことはない。

単に独創的な世界観のエンタメだと思って読んでもめちゃくちゃ面白いです。

Soneyu
Soneyu

ここまでディストピアを徹底して突き詰めた作品、私初めて読みました。

主人公の反撃を応援しながら、どこか破滅的な結末をも期待してる、あのホラー的な面白さ。

ぜひ味わってみてください!

2.文学的に彩られる男女の営み

この暗く歪んだ社会だからこそ、光る人間性がある。

これが、『一九八四年』の本質です。

主人公ウィンストンは若い女性ジュリアと出会い、監視から逃れた隠れ家で逢瀬を重ねます。

お互い破滅的な行為だと認識しながらも、それでもやめられない。

この、人間の本質的で本能的な営みをジョージ・オーウェルは、文学的にきれいに描くのです。

Soneyu
Soneyu

ここの叙述がすごい詩的で、私はとても好きです。

恐怖と対照的な輝きに味わい深い奥深さが宿っています。

3.「寡頭制集産主義の理論と実践」

Soneyu
Soneyu

これが、めちゃくちゃ面白いのです!

物語半ばに、主人公ウィンストンは反政府地下組織「兄弟同盟」の一員と接触することに成功します。

その時、その反政府組織から受け取った本の題名が「寡頭制集産主義の理論と実践」なのです。

一体何が書いてあるのかというと、ジョージ・オーウェルの創った世界のすべてが記載されています。

つまり、

なぜ世界は全体主義の侵略を許したのか?とか、

なぜ誰も反乱を起こさないのか?とか、

とても興味深い『一九八四年』の核がここに記されています。

ただ、この本の内容が論文調で40ページくらいに渡って綴られているので、ここで心が折れてしまうという人も多いと思います。

だから、頑張って読んでください。

ここを突破すると、あとは劇的なクライマックスを残すのみです。

「自分よく頑張った!」と最高の読後感味わえることを保証します。

スポンサーリンク

Ⅲ.「一九八四年」のデメリット

ページ数が460ページ、さらに改行が少なめと、かなりのボリュームがあります。

また、文学的な修辞政治的な言説など、読み返さなきゃ意味が掴めないところも多々あります。

ですが、この重厚感、それこそが『一九八四年』の本質的な魅力なのです。

毎日数ページと決めて読んでみてください。

そのうち、ページをめくる手が止まらなくなっているはずです。

Soneyu
Soneyu

読み終えた後の達成感は、まさに至高の一言です。

スポンサーリンク

Ⅳ.関連作

『一九八四年』の映画版もありますが、かなり古くて観るにはDVDしかありません↓

 https://amzn.to/37X33jR

「小説はちょっと……」という人におすすめなのが、漫画版「1984年」

ジョージ・オーウェルで『一九八四年』以外を読みたい人には、『動物農場』

スポンサーリンク

Ⅴ.まとめ

ここまで、ジョージ・オーウェル著『一九八四年』紹介の記事を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

本好きならば、必ず挑戦しなければならない一冊です。

この重厚感と読み終えた後の達成感は、並の小説とは一線を画します。

究極のディストピアに心そそられるものたちよ、ぜひ一読あれ!!

スポンサーリンク
【2019上半期】令和に読むべき、おすすめミステリー小説ランキング!!!【超絶厳選】
この記事では、最近発売されたミステリー作品の中から特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。年間本を300冊読むぼくが、作品の魅力、面白かったところをわかりやすく紹介しているので、ぜひご覧ください!

コメント